私のビジネス日記帳

《私のビジネス日記帳》ヒッピーカルチャーの教え 井上聡

2024/02/28

 僕たちが生まれ育ったコペンハーゲンは、ヒッピーカルチャーが強い社会です。彼らはマリファナを吸ってフェスに行くような民族と誤解されることも多いけれど、パワフルで正義感が強く、素敵な文化の持ち主です。 彼らが最も影響...

もっとみる


《私のビジネス日記帳》枠からはみ出せ 髙木麻衣

2024/02/21

 タカギの従業員女性比率は約8割です。女性の活躍が会社の成長に大きく関わってきますので、女性が働きやすい職場環境作りに取り組んでいます。16年からテレワークやフレックスを導入し、自分のライフスタイルに合わせて就労時...



《私のビジネス日記帳》エビデンスって重要ですか? 杉本健

2024/02/14

 スポーツ用品業界を俯瞰(ふかん)すると、本当はこうすれば面白いのにって感じることが多い。スポンサーだから、とか色々な問題もあるんだと思いますが、ブランド同士が真っ向勝負することってないですよね。でも、人がワクワク...



《私のビジネス日記帳》デジマの壁 松下一英

2024/02/07

 2010年ごろまでは雑誌の全盛で、媒体に取り上げてもらえばいい時代。お客さんは今ほど情報を持っていなかったからです。「これ行けるんじゃない」って感覚で店に出したら、数カ月後で売り上げになりました。 スタージョイナ...



《私のビジネス日記帳》原点は二つのエネルギー 井上聡

2024/01/31

 僕らが発信するソーシャルデザインには、デンマークで生まれ育ったことが良くも悪くも影響しています。 僕も弟の清史も、小学校の頃からエコロジカルやナチュラルフレンドリーについて教育を受けてきました。ヒッピーカルチャー...



《私のビジネス日記帳》アヤメと私 髙木麻衣

2024/01/24

 タカギは祖父が創業し、祖母であり、2代目代表の髙木アヤメが会社を大きくしました。創業当初は生地メーカーでしたが、縫製が得意なアヤメによってサニタリーショーツの前身である生理帯の生産を始めました。60年代から紙ナプ...



《私のビジネス日記帳》ヒーローを支えたい 杉本健

2024/01/17

 「アドエルム」は、「ヒーロー(アスリート)を支えたい」という僕の思いをきっかけに開発したテクノロジーです。色々な鉱物を使い分け、人体の生理反応を利用し、運動効率と休息効率を高めるための素材を作っています。 純粋無...



《私のビジネス日記帳》海の仕事からアパレルへ 松下一英

2024/01/10

 故郷の静岡県焼津市は遠洋漁業が盛んな街。親族にも船乗りがいて、豪州や南アフリカなど寄港するたびに彼らが買ってきた現地の土産物が自分の家にもたくさんありました。そんな環境ですから小さい頃から外国への憧れが強く、自分...



《私のビジネス日記帳》運命的な出会い 小林学

2023/12/27

 1988年のパリ。とある小雨のぱらつく土曜日に、クリニャンクールののみの市で異質なオーラを放つ1本の「リーバイス」501XXに出会った。当時はまだ気の利いたレプリカなどは存在していなかったので、古着屋で赤タブのE...



《私のビジネス日記帳》ポジションとしての社長業 越智勝寛

2023/12/20

 役職というのは、あくまでポジションであり、そのポジションとしての役割、責任を果たす義務を負っているのだと思います。これを権限だと思うのは、大きな間違いのもとです。 私は37歳で社長に指名されましたが、その時も、た...