コラム

《めてみみ》顧客起点の運営

2021/10/22

 阪神梅田本店が10月初旬に先行開業した。建て替えとはいえ、百貨店としては久しぶりの大型の新店だ。同質化が課題とされ、低迷が続く百貨店業界にあって、同店が掲げたのは「毎日が幸せになる百貨店」。大都市部では珍しい「ラ...

もっとみる


《視点》盛り上がるNFTとリスク

2021/10/22

 NFT(非代替性トークン)が話題になっている。記者は写真が趣味だが、写真のコミュニティーでも最近話題に上るようになった。NFTを作成し、マーケットで販売する人も身近に現れてきた。 NFTは簡単にいえば、複製や偽造...



《めてみみ》リアルの価値

2021/10/21

 ルミネは10月16、17日、JR新宿駅新南口のニュウマン新宿内のホールでサステイナビリティー(持続可能性)をテーマにしたイベントを開き、好評だった。 ホールでの集客イベントは久しぶり。テーマに合わせたファッション...



《視点》安値競争見直しませんか?

2021/10/21

 近頃、経済誌で日本のデフレや円安をテーマにした特集が続いている。『週刊ダイヤモンド』は「安すぎ日本―沈む給料、買われる企業」、『週刊エコノミスト』は「安い日本―超円安時代」を掲げ、日本の課題を浮き彫りにしている。...



《めてみみ》全方良し

2021/10/20

 「三方良し」は、売り手と買い手、そして社会の三者が満足することが何よりも大事という商売上の教え。類似の言葉は古くからあったようだが、近世になって滋賀の近江商人が広めたというのが定説。伊藤忠商事の創業者、伊藤忠兵衛...



《視点》 目利き・腕利き

2021/10/20

 イメージコンサルタントが日本でも富裕層を中心に人気だ。この職種は顧客のパーソナルカラーやファッション骨格診断、メイクやヘアスタイルなどのアドバイスのみならず、顧客と同伴で街に出て、実際にファッション購買のアドバイ...



《めてみみ》企業も個人も国も

2021/10/19

 「世界中のお客様に良い商品を提供しようとしている多くの企業に対して政治的な選択を迫るような風潮には強い疑問を感じている」。決算会見でのファーストリテイリングの柳井正会長兼社長の発言だ。 H&Mが新疆綿を使...



《視点》一着の服から

2021/10/19

 環境問題への危機感から、「サステイナブル(持続可能)な物作り」が浸透しているが、企業や個人によってその定義はばらばらであいまいだ。関心や真剣さも異なり、便利に使われていることも多々ある。取材時や記事を執筆する際は...



《めてみみ》プロの力

2021/10/18

 緊急事態宣言が解除され、慌ててスーツを購入するビジネスマンが目立ったと言われる。コロナ下のテレワークの浸透などでスーツ離れに拍車がかかっていた紳士服業界にとっては、以前ほどには戻らないかもしれないが、明るい兆しが...



《めてみみ》気温に負けない

2021/10/15

 「ウールコートの先行受注会での反応が鈍い」とあるレディス専門店で聞いた。例年、実需期には品切れも多い人気商品を出しており、かなりの確率で受注できると思っていたようだ。「まだ決めない」と言われたという。気温が高い日...



Btn gotop