コラム

《めてみみ》海外での成功と失敗

2024/04/23NEW!

 ユニクロの欧州事業が伸びている。上期は大幅増収増益で、24年8月期は前期比約30%増の売上高2500億円、営業利益も45%増の400億円と過去最高業績を見込む。好調の理由はブランドの軸をぶらさない経営にある。 0...

もっとみる



《視点》買った後の楽しみ方

NEW!2024/04/23

 アパレル専門店、特にターゲットの若い業態で話を聞いていると、若者の服の買い方が変わったことを感じさせられる。ある意味、イベント、エンタメ化しているようにも思える。 例えば、グループでアミューズメント施設に行く際、...



《めてみみ》地方の個店が受け皿

2024/04/22

 都内の有力百貨店を中心にインバウンド需要が好調だ。しかし、それはラグジュアリーブランドなど一部の領域に過ぎない。これまで運命共同体として長年にわたり取引してきた国内の専業メーカーが、危機意識を強めている。特に、百...



《めてみみ》OMOの悩み

2024/04/19

 「結果的にOMO(オンラインとオフラインの融合)になっているに過ぎない。売り上げを伸ばすために、テスト的に一回離してみようかと」。リアル店舗と自社ECを持つアパレル経営者が話していた。スタイリング投稿アプリを導入...



《めてみみ》スタッフ支援の「拡張」

2024/04/18

 ルミネは24年度(25年3月期)から27年度までの中期経営計画を策定した。27年度の全施設売上高4800億円(前期は3559億円)を目指し、「ターゲット、提供価値、事業フィールドの拡張」を成長戦略の柱に据える。 ...



《視点》闘った4年間

2024/04/18

 5月に交代するイオンモールの岩村康次社長は、「厳しい4年間だったが、闘った4年間だった」と、20年3月の就任以降、ほとんどがコロナ下にあった任期を振り返った。 23年度、客数の回復が思うに任せず業績を伸ばしきれな...



《私のビジネス日記帳》地域一番のプラットフォーマーの志 橋本修男

2024/04/17

 ようやくコロナ前の売り上げ水準に回復しました。一方で、インフレや人口減少が進んでいます。私たちが運営する施設が〝選ばれるSC〟になるためには、期待に応えられる価値を多面的に提供していくことがますます重要と感じてい...



《めてみみ》夏の物流現場

2024/04/17

 「関西物流展」が大阪で先週開かれた。設備や情報システム関連など、物流に関わる様々な業種が一堂に揃う展示会だ。ドライバー不足が懸念される2024年問題を背景にしてだろう、過去最大規模となった。 最先端の各種物流機器...



《視点》宝探し

2024/04/17

 ここ数年、リユースECで古いきものや帯を物色し続けている。最近、探しているのは紬のきもの。根気よく探せば、好みの大島紬や結城紬が1万円前後で見つかる。新品は一反30万円は下らず、仕立て代もかかるため気軽には買えな...



《めてみみ》失敗したくない日本人

2024/04/16

 町にインバウンドがめっきり増えた。売り場の定点観測の取材をお願いしている専門店の中には、免税売り上げの比率が5割に達する店もある。アジアからの旅行客だけでなく、欧米の客も購買意欲が旺盛だ。 ショッピングに興じる外...