連載

HRの常識の非常識② 採用が上手な会社のやり方

2024/04/23NEW!

 前回は採用に対する経営者の理解、スタンスが採用の成否を握るという話をしました。今回はもう少し踏み込んで、より具体的な事例を交えながら説明していきます。【関連記事】HRの常識の非常識① 人事担当者任せではもう採れな...

もっとみる


《ポップアップショップの正解》⑬開催後 SNSで接触高めてリピーター化

2024/04/22

 前回までで、ポップアップショップの集客から開催までにやっておくべきことは全て網羅しました。本稿は最終回。ショップ開催後にやっておくべきことをお伝えして、本連載を締めくくりたいと思います。【関連記事】《ポップアップ...



《山本伊都子のVMDクリニック⑯》4月後半編 初夏に向け『色・柄』変える

2024/04/22

【関連記事】《山本伊都子のVMDクリニック⑮》4月前半編 春物を売る最後の時期 売り場の回遊性が鍵 4月3週目に売り場が初夏の見え方になるようにVMDを変えていきます。ポイントはズバリ「色・柄」です。MDグループの...



【軌跡】《リブランディングに挑む「ロペ」㊦》一番変えられないのは上品さ

2024/04/22

 長い歴史の中で、時流にも対応しながら客からの共感や支持を得ている「ロペ」。だが、大きな環境の変化に苦戦する場面はもちろんあった。それでもブランドの根底となる上質さやフレンチテイストはぶらさずに、ブランディングやM...



《パタゴニア創業者に聞く、クオリティーとは何か㊦》もっと責任ある会社に

2024/04/22

【関連記事】《パタゴニア創業者に聞く、クオリティーとは何か㊥》ファッションじゃない服何者か伝える ――80年代から販売する「バギーズ・ショーツ」が売れ続けているのはなぜか。 クラシックで、細部に至るまで全て機能性を...



《パタゴニア創業者に聞く、クオリティーとは何か㊥》ファッションじゃない服

2024/04/19

【関連記事】《パタゴニア創業者に聞く、クオリティーとは何か㊤》客観的に認識されるもの覚悟が必要 ――他社はなぜ、「パタゴニア」のクオリティーをコピーしないのか。 なぜならそこまでするのは簡単ではないし、お金もかかる...



24~25年秋冬トレンド解説 ⑥スポーツミックス アクティブなガーリースタイル

2024/04/18

 24~25年秋冬コレクションでは、アクティブなスポーツミックスも目立った。エレガンス傾向が強まるファッションウィークの中で、カジュアルの中心となった。多いのは、ミニスカートを合わせたガーリーテイスト。ウィンタース...



《パタゴニア創業者に聞く、クオリティーとは何か㊤》客観的に認識されるもの

2024/04/18

 パタゴニア創業者で元オーナーのイヴォン・シュイナード氏が23年11月、米紙に「The High Stakes of Low Quality」(低いクオリティーの高い代償)と題した寄稿文を発表した。「粗末に作られ、...



24~25年秋冬トレンド解説 ⑤70年代ノスタルジア 久々に出てきた注目株

2024/04/17

 70年代を背景とするノスタルジックなスタイルは、24~25年秋冬の有力トレンドの一つとして期待されている。継続トレンドが多いなか、久々に出てきた注目株。各地のファッションウィークで、有力ブランドが提案した。シアリ...



《ポップアップショップの正解》⑫次回につなげる施策 来店客の情報で種まき

2024/04/17

 前回はポップアップショップ開催の期間中の対策で、主に「来店動機を高める施策」についてお話ししました。今回は「次につなげる施策」を中心に解説します。ポップアップショップの開催となると目の前のことばかりに目が行きがち...