コラム

《視点》温故知新

2019/01/08

 繊研新聞では今年の元日号の巻頭企画として、「平成はファッションビジネスをどう変えたか」をテーマとした。 この企画は、単に歴史として30年間を振り返るだけでなく、平成時代に起こった変化、成長した企業や商品、仕組みな...

もっとみる


Medium %e8%ac%b9%e8%b3%80%e6%96%b0%e5%b9%b4  1

《めてみみ》ポスト平成

2019/01/07

 赤ちゃんの夜泣きに、若い両親が困り果てていた。抱っこする、オムツを替える、おっぱいを飲ませる――育児書に書いてあることは全て試したが止まらない。 ネットの書き込みを見て、換気扇の音を聞かせたり、レジ袋をクシャクシ...



《めてみみ》映画か漫画みたい

2019/01/04

 映画か漫画のような「ジャパニーズドリーム」に驚いた。ファッション市場は厳しい状況が続き、〝いい話〟を聞くことは少ない。だが、よく取材する小さなメンズブランドが大手企業の役員から評価され、「成長のために出資したい」...



《視点》幅広く

2019/01/04

 ダイヤモンド、ひと粒1カラットで1億円超え。ハイエンド向けの宝飾品マーケットでは昨年、そんな商品の動きが良かったと聞く。ピンクダイヤモンドなど、希少なカラーダイヤモンドを中心とした品で、近年は投資目的も兼ねて売買...



《めてみみ》新たな時代を寿(ことほ)ぐ

2019/01/01

 新しい年が始まった。繊研新聞では本日付の新年号で、平成30年間のファッションビジネス(FB)の変化やエポックを捉え、商品やその担い手の移り変わりをまとめた。そして、この中から今後のFBが向かうべき道を探った。 フ...



《めてみみ》新しい協業

2018/12/28

 18年は業務提携が多かった。主だったところでは、オンワードホールディングスとストライプインターナショナルの包括的な戦略的パートナーシップ、ワコールホールディングスとデサントの包括的業務提携、イオンとフジの資本業務...



《視点》もったいない

2018/12/28

 掛け布団がだいぶくたびれてきたので、久々に寝具売り場を回ってみた。なぜか、量販店の寝具売り場にあったのは、中わたが羽毛やポリエステルのものが多く、ウールの掛け布団も一部あった。一方、街中の小さな寝具店には綿のもの...



《めてみみ》SC開発が鈍化

2018/12/27

 SCの開発が鈍化している。日本ショッピングセンター協会(SC協会)の調査によると、今年1年間で開業したSCは37施設(昨年は48施設)となり、3年連続で前年の開業数を下回った。年間開業数が40施設を切ったのは、1...



《視点》緩和策

2018/12/27

 19年10月に実施される消費増税にあたり、消費者は覚えておかなければいけないことがたくさんある。 プレミアム商品券を手に入れられるかどうかは子供の年齢なのですぐ分かるが、「新聞はいいな」という声も聞こえてくるよう...



《めてみみ》吾唯足知

2018/12/26

 石庭が有名な京都・龍安寺。方丈を挟んで反対側の蹲(つくばい)を見に訪れる人も数多い。真ん中にある石穴を口の字に見立て、その回りの4文字と共有させながら「吾唯足知」と刻まれている。読み方は右回りに「われ・ただ・たる...



Btn gotop