電子版購読者限定

「ほめる文化」で人的資本経営を 組織活性化の起点の一つに

2024/04/23NEW!

 いま注目されている「人的資本経営」。23年3月期から有価証券報告書に人的資本情報の開示が義務化され、一気に関心が高まっている。従業員の構成などの人事情報や人材投資額といった定量的な情報のみならず、従業員満足度(E...

もっとみる


物流2024年問題 対策の「始まりの年」 産業、企業、消費者の行動変容が鍵

NEW!2024/04/23

 大阪で「第5回関西物流展」が開かれた。「物流2024年問題」突入のタイミングとあって、大勢の来場者でにぎわった。特別セミナーも多くが満席、人気企業の出展社セミナーでは立ち見も見られた。物流24年問題とは何かを改め...



《トップに聞く》ジャヴァコーポレーション社長 浅見幸正氏 新たな商品MD構築が最重点

NEW!2024/04/23

 22年3月末にジーエフホールディングスの完全子会社となったジャヴァコーポレーション。23年10月に社長に就任した浅見氏は、収益性を高めるための仕入れ・生産とMD手法の再構築に取り組んでいる。(藤本祥子)【関連記事...



24~25年秋冬トレンドチェック:発注 テーマは「ミニマル&ラグジュアリー」に注目

NEW!2024/04/23

 有力ショップに聞いた24~25年秋冬の発注は、暖冬を意識した品揃えが目立つ。トップとボトムに比重を置き、アウターは軽やかなブルゾンやジャケットを強化したという店が多い。トレンドテーマは「ミニマル&ラグジュアリー」...



米インビスタ、ナイロン繊維事業の売却検討 「コーデュラ」やエアバッグ糸が対象

NEW!2024/04/23

 グローバル合繊メーカーの米インビスタは、高強力繊維「コーデュラ」やエアバッグ用原糸を含むナイロン繊維事業の売却を検討していると発表した。売却の条件など評価が想定を下回る場合は、これまで通り事業を継続するとしている...



《人事・機構》ミクニ学園大阪文化服装学院(5月22日)

NEW!2024/04/23

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

契約して読む
すでに会員の方はこちらからログイン



【記者の目】ファッション×サブカルチャー ファンの熱量の高さに可能性

2024/04/22

 近年、ファッション業界ではアニメやゲームなどと協業し、ヒット商品を生み出す企業が増えている。各社が口を揃えて話すのがファンの熱量の高さ。協業が購買力の強い新規客との接点になっている。重要なのはファッション企業の視...



《山本伊都子のVMDクリニック⑯》4月後半編 初夏に向け『色・柄』変える

2024/04/22

【関連記事】《山本伊都子のVMDクリニック⑮》4月前半編 春物を売る最後の時期 売り場の回遊性が鍵 4月3週目に売り場が初夏の見え方になるようにVMDを変えていきます。ポイントはズバリ「色・柄」です。MDグループの...



【軌跡】《リブランディングに挑む「ロペ」㊦》一番変えられないのは上品さ

2024/04/22

 長い歴史の中で、時流にも対応しながら客からの共感や支持を得ている「ロペ」。だが、大きな環境の変化に苦戦する場面はもちろんあった。それでもブランドの根底となる上質さやフレンチテイストはぶらさずに、ブランディングやM...



商社の繊維事業 若手社員の離職率低下の兆し キャリア自己申告、社員面談、働き方改革などで

2024/04/22

 繊維事業を手掛ける商社の若手社員の離職率が低下傾向にある。各社とも「キャリア自己申告制度」や「社員面談制度」「働き方改革」など、定着に向けた施策を打ち出し、人材の育成・確保に力を注いでいる。(北川民夫)【関連記事...