特集

【商社・新たな階へ①】どこで作るかからどう作るかへ

2018/04/07

Medium resourceview

 時代の変化に応じてビジネスモデルを進化させてきた商社の繊維事業だが、主力である製品OEM(相手先ブランドによる生産)に綻(ほころ)びが生じている。国内市場での成長が期待できず、各種のコストアップ、中国の環境規制の...

もっとみる

Medium resourceview

東亜紡織 「ライフファイバーEFT」が拓くウールの可能性

2018/03/28

非塩素防縮加工でエコフレンドリー 東亜紡織と森保染色、ソトーが共同で開発した非塩素防縮加工「ライフファイバーEFT」。洗濯しても縮まないことによるウォッシャブル性能や、従来の防縮加工に比べ塩素を使わないため環境に優...



【トップインタビュー】カイタックグループ カイタックトレーディング/カイタックファミリー/カイタックインターナショナル 赤木政一社長

2018/03/26

 カイタックホールディングス(岡山市)は今年、グループ創業70周年を向かえ、3月1日付けで現社名に変更した。カイタックホールディングスでは貝畑雅二代表取締役社長が代表取締役会長を兼務する。カイタックトレーディング、...



【トップインタビュー】京王百貨店 駒田一郎社長

2018/03/19

 京王百貨店は、来月より始動する2018年度からの中期3カ年計画で、「利益指向経営」に向けた収益力の向上に重点を置く。前中計で「客層の拡大」「販路の拡大」を推進してきたが、成長の芽を新中計でさらに大きく育てる。20...



【トップインタビュー】ワールド 上山健二社長

2018/03/16

転換期のファッションビジネスに対応して新たな事業領域を拡大 ファッションビジネスは、国内のアパレル市場の成熟化に加え、デジタル化の進展に伴い消費者の購買行動が急速に変化するなど、今、大きな転換期を迎えています。この...



【インタビュー】旭化成 工藤幸四郎上席執行役員 繊維事業本部長

2018/03/14

 旭化成の繊維事業が業績好調だ。03年にいったん分社化し、ポリエステル繊維の撤退など事業構造改革を実行。苦難の時期を乗り越え、差別化された四つの素材事業で再び成長軌道に乗っている。キュプラ繊維「ベンベルグ」の民族衣...



【対談】オンワードHD保元社長×繊研新聞社佐々木社長

2018/03/13

 AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)といった技術革新が急速に進み、SNSで一瞬の内に全世界規模であらゆる情報が発信、受信できる、ビッグデータがこれまでに想像もつかなかったような物事の連関を示す、消費者...



【トップインタビュー】宇仁繊維 宇仁龍一社長

2018/03/09

メーカーとしてのこだわり~ジャカードプロジェクトを発足~会社を設立して19年。自らドビーやジャカード織機、染色設備を擁して35000品種からの素材を常時在庫して、見本反は即納、現反も無地なら3日、プリントでも1週間...



【トップインタビュー】フランドル 栗田貴史社長

2018/03/06

 5年前から製販一体をテーマに企業の改革に取り組んでいるフランドル。これまで社内の企画をブランド別から一本化したほか、各店ごとの対応力が強まる複合業態への転換を進めてきた。川上各社とはプロジェクト型の協業体制を組み...



東急百貨店 融合型リテーラーへの進化を目指す

2018/03/02

顧客接点を広げオムニ化進める 東急百貨店は2018年度から新たな中期3カ年計画をスタートした。2011年の二子玉川東急フードショーを皮切りに渋谷ヒカリエShinQs(シンクス)、HINKA RINKA(ヒンカリンカ...



Btn gotop