生地産地 オンライン展示会などデジタル活用進む

2021/01/22 06:28 更新有料会員限定


Medium 4ebaf922 74bc 4285 8f6d ffa38b8f9ea3

 テキスタイル産地でオンライン展示会やSNSを活用した情報発信が進んできた。コロナ禍で東京への出張が困難になる中、デジタルの活用は営業手法の一つとして不可欠になりつつある。「やはりリアルの展示会に比べて来客が少ない」「テキスタイルは実際に触ってみないと商談にはつながらない」といった課題もあるものの、「リアルでの商談との併用も視野に入れつつ、今後もデジタル発信を強化しなくては」という意見が多い。

(三冨裕騎)

リアルへの関心

 先染め織物などで知られる兵庫県の播州織産地は、昨年の12月に「リアル播州織」オンライン展示会(主催=西脇・多可「播州織」連携会議)を開いた。産元商社や機業場など20社が参加し、オンライン商談会や動画による企業紹介、工場や事務所など製造現場からのライブ配信を実施した。アクセス数は1週間で約750。特に生配信を実施した企業へのアクセスが多く、オンラインといえどもリアルな生産現場への関心の高さがうかがえる。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop