HFL代表取締役 土屋英里さん スタイリストは魅力を引き出すのが仕事

2023/10/13 11:30 更新有料会員限定


土屋英里さん

 パーソナルスタイリスト(PS)として10年以上活動を続け、PS養成にも取り組んでいる土屋英里さん。上田安子服飾専門学校(大阪市)が22年4月に立ち上げたPS専攻のカリキュラム作りに関わり、現在、同専攻の講師も務めている。HFLは、23年2月にはルクア大阪にある試着サロン「Eサロン」と提携、3月には大手結婚相談所と業務提携するなど、PSの技能の活用の場を広げている。パーソナルスタイリングサービスを求めている人、PSになりたい人ともに増えていると見ており、PSの活躍の場をさらに広げたい意向だ。

「似合うものを知りたい」に応える

 ――PSとは。

 女優やタレント、雑誌社といった業界向けではなく、一般人を対象にしたスタイリストです。服がメインですが、私はメイク、ヘアメイクを含めトータルに個人をプロデュースする手伝いをしています。これが売れている、インフルエンサーが着ていたからというような、はやりをそのまま取り入れるものではありません。人には持って生まれた魅力がありますので、それを引き出す手伝いという感じです。

 買い物同行がメインになりますが、メイクレッスンやパーソナルカラー診断などいろいろしています。PSになりたい人が増えているので養成スクールも運営しています。

 ――PSになるきっかけは。

 情熱を注げ、かつ人の喜びに触れられる仕事として、たどりついたのがPS。OLをしながらパーソナルカラー診断を始めました。ただ、カラー診断をしても「その色の服はどこに売っているの?」となります。カラー診断だけでは表面的だと思っていたところ、PSの仕事をしている人に出会い、人を輝かせる仕事だと刺激を受け、これを仕事にしたいと。

 PSとして活動を始めたのは08年で、OLもしながら少しずつ経験を積み、11年に独立して、16年に事務所を構えました。

 ――利用者のニーズは。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ランキング形式のデータブック
プレゼントキャンペーン実施中!

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定パーソン



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事