和装市場で帯に注目 多様なコーディネートの要として

2019/10/07 06:28 更新有料会員限定


Medium %e3%82%ab%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%86%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%88%e3%81%ae%e4%ba%ac%e8%a2%8b%e5%b8%af %e9%81%8a%e7%a6%85%e5%ba%b5 %e3%82%8f%e3%81%a3%e3%81%8b

 厳しい商況が続く和装市場だが、数量が動く帯がホットアイテムになっている。きものは商品の幅が広く、消費者の嗜好(しこう)が多様化していることもあり数量の動く商品は少ないが、帯はきものに比べて価格がこなれており買いやすいことから、専門店が追加注文する動きが出ているとみられる。

(沖津昌宏)

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop