《日本発 服の世界標準を目指すファーストリテイリング 柳井正会長兼社長に聞く》新しい産業は分断を超える

2022/01/04 06:30 更新有料会員限定


Medium  %e3%82%b5%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%93%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%81%af%e7%a4%be%e4%bc%9a%e3%81%ae%e4%b8%80%e7%95%aa%e3%81%ae%e9%96%a2%e5%bf%83%e4%ba%8b %e3%81%a8%e8%a9%b1%e3%81%99%e6%9f%b3%e4%ba%95%e6%ad%a3%e6%b0%8f
「サステイナビリティーは社会の一番の関心事」と話す柳井正氏

 ファーストリテイリングは今期(22年8月期)、グローバルな成長を加速する。感染拡大を抑え込みながら経済活動が再開するのに合わせ、アジアだけでなく、欧米でも出店を拡大する。「ライフウェア=究極の普段着」を全世界のファッションのデファクトスタンダード(事実上の業界標準)にするため、サプライチェーンをさらに高度化し、グローバルな生産と販売のプラットフォーム最適化を急ぐ。柳井正会長兼社長に聞いた。

(柏木均之)

一国では完結せず

 21年8月期は増収増益。コロナ禍は続いているが、今後は主力のアジアのほか、欧米市場でもチャンスがあると見る。

 世界中で生産し、販売する我々の選択肢はむしろ広がっていると思います。今後は欧米でも積極的に出店し、ECも広げる。アジアが成長エンジンなのは変わりませんが、アメリカは3億人、ヨーロッパも8億人の人口があり、市場も大きい。ライフウェアを全世界でデファクトスタンダードにしていきたい。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop