転換点迎える大手百貨店の夏物セール 客の分散化で売り上げ減

2020/07/03 06:29 更新有料会員限定


Medium dsc00670

 大手百貨店の夏物クリアランスセールは、入店客数の減少で売り上げ減を強いられている。3密(密閉、密集、密接)の回避のため、集客を目的としたチラシなど販促策を自粛し、6月初旬から五月雨式にスタートしたが、需要のヤマを作れなかった。在庫の完全消化ができないブランドも出る見通しで、秋冬以降の生産計画に影響が生じる恐れがある。

(松浦治)

【関連記事】景況・消費見通しアンケート 景況感厳しさ続く 回復期待も本格化はまだ

早期化実らず

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop