《コロナ禍の国内テキスタイル産地㊤》生産、受注に大打撃

2020/08/09 06:28 更新


Medium %e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%8a%e3%81%ae%e5%bd%b1%e9%9f%bf%e3%83%86%e3%82%ad%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab

 新型コロナウイルスの影響は、国内テキスタイル生産に大きな打撃を与えている。繊研新聞は5月から6月にかけて桐生や山梨、遠州、滋賀、京都、播州、三備といった地域の産地企業にアンケート調査を実施し、29社から回答を得た。見えてきたのはサプライチェーンの崩壊につながりかねないほどの生産の大きな落ち込み。回答からは産地企業を取り巻く厳しい環境が浮き彫りとなった。

【関連記事】《コロナ禍の国内テキスタイル産地㊦》企業存続へ対応を模索

受注減、キャンセルも

 事業活動への影響について、「ない」および「あまりない」と答えた企業は29社のうち1社にとどまり、ほぼすべての企業が「ある」と回答した。影響としては「受注の減少」を挙げた企業が24社と最も多く、次いで「商談の遅れ」があり、「減産要請」や「キャンセル」が続く形となった。

 「客先から納品ストップがあった」「未払いのものがある」「900反のキャンセルがあった」「来シーズン用の見本や本番の予定がなくなった」――といった声も聞かれた。

 展示会の中止や営業活動・出張の自粛といった商談の遅れを挙げる企業も多く、「新企画の減少」「来夏向けの商談は20~30%のダウンを覚悟する」など先行きへの不安も色濃くなっている。7月以降の受注状況については「見通しが困難」とした1社を除く全ての企業が前年同期を下回ると回答した。


大半が2割以上減

 1~4月および1~5月の生産状況については28社が前年同期を下回ったと回答しており、その減少幅についてもほぼ全ての企業が2割以上の減少と厳しい状況。5月もしくは6月単月では前年同月比で4割以上の減少となっている企業が11社にものぼり、中には7割以上落ち込んでいるところも数社あった。急激かつ大幅な生産の減少に加え先行きも不透明なことから、「この状況が続くと会社を閉めるしかない」といった声も聞かれる。

 不調だった分野・用途としては衣料品全般と答える企業が多く、そのほかにもファッション衣料やインナー、ワーキングと幅広い分野の回答があった。

 一方、厳しい中でも好調だったとの声が多かったのは二重ガーゼなどのマスク用素材。冷感加工やちぢみ素材など夏向けマスクへの需要もあり、「抗菌、制菌加工素材への発注が増えた」とも。そのほか、「切り売り生地屋向けのコットン素材」など巣ごもり需要に対応する素材へのニーズが見られ、「メーカーのネット販売向けの商品生地」「3、4月のカタログ通販は予想以上に売れた」とEC関連も好調だったようだ。

(繊研新聞本紙20年7月7日付)

関連キーワード新型コロナウイルス情報


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop