《視点》ダーニング

2021/01/15 06:23 更新


 最近、静かに流行中のダーニング(darning)。「繕い物。ほころびをかがること」で、欧州に伝わる手芸の一つ。靴下やセーターなどニット製品にできた穴を糸で〝お直し〟する技法だ。陶磁器の金継ぎに似て、修繕箇所をあえて目立たせる面白さもある。

 手作りやお直しの広がりで、オンライン上には初心者向けの情報も多い。意外と簡単そうなので、試すことにした。小さな穴に目をつぶってきたアイテムが、かなりあるのだ。

 お恥ずかしいが、それだけ愛着があるとも言える。多少は断捨離を繰り返した中で残ってきたもので、付き合いは長い。それに、繕いが失敗したとしても、惜しくない。元々、穴開きなのだから。うまくいけば、ラッキー!というだけの心は軽い。裁縫箱に眠る刺繍糸も日の目を見るし、一石二鳥だ。しかも、楽しい。糸をタテとヨコに織物のように配置するだけなのに。

 大事な物はより長く使う、自分の手で物を作る――このシンプルな欲求が生む需要は、ブームで終わらないのではないか。私も可愛い糸を買いに行こう。

(純)


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop