24~25年秋冬トレンド解説 ③ボディープライズ 手の込んだ透けるドレスが充実

2024/04/11 15:00 更新有料会員限定


 女性が女性自身の体を賛美するスタイル「ボディープライズ」は24~25年秋冬も、有力トレンドの一つとして注目されている。透け感や肌見せを通して、女性の体の健康的な美しさや曲線美をポジティブに表現する。今シーズンの特徴は、手の込んだドレスが多い点。ヘルシーなイメージが強かった前シーズンより、ドレッシーなエレガンスが提案されている。

【関連記事】24~25年秋冬トレンド解説 ②エキセントリックスタンダード 普通をひとひねり

 ボディープライズはコロナ下以降、ずっと続くトレンドだ。ワークアウトを通してボディーメイクする女性が増えたことで、体のラインを見せる流れが定着した。昨今は、鍛えた体だけでなく、プラスサイズモデルを起用するなど、多様な女性の美しさに着目する傾向が強まっている。いずれもこびるセクシーさではなく、強さが感じられる。

 24~25年秋冬のボディープライズは、ドレッシーでエレガントな要素が強い。夜のパーティーを連想させる華やかさがある。キーアイテムはランジェリードレス。深Vネックや華奢(きゃしゃ)なストラップで肌見せし、総スパンコールで装飾する。「ルイ・ヴィトン」はスパンコールをびっしりと飾ったランジェリードレスにニット帽やファーのグローブをスタイリングした。

ルイ・ヴィトン

 もう一つ、目立ったのはセンシュアルな透けるドレス。ブラやショーツの上にレースやシフォンのドレスを重ね、透け感のレイヤードを提案する。「グッチ」はレースやシフォンをはぎ合わせ、ベルベットをパッチワークし、透明なビジューを刺繍するなど凝ったドレスを発表した。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定ピックアップニュース連載



この記事に関連する記事