個性派古着個店の開業が相次ぐ 若年層から熱視線

2023/04/06 15:00 更新有料会員限定


 都内を中心に古着を扱う個店の開業が相次いでいる。背景にあるのは、若者の間で盛り上がる古着ブーム。「メルカリ」などのフリマアプリを介した、CtoC(消費者間取引)での売買も伸びており、リユース市場の競争は激化している。そうした中で個店に求められるのは、店主のキャリアやセンスを生かした独自性の高い店作り。ニッチな品揃えや、高感度なセレクトアイテムとのミックスで作る売り場などを武器に、個性あふれる店が存在感を見せ始めた。

CCX

古着とセレクト、二刀流

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

申し込み当月購読料
無料キャンペーン実施中

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定専門店



この記事に関連する記事