六本木ヒルズ けやき坂に「バーバリー」など新3店 ラグジュアリーと上質な食強化

2021/02/17 10:49 更新


 森ビルが運営する六本木ヒルズ(東京都港区)は3月下旬から7月にかけてけやき坂通り沿いのエリアに新店3店を導入、海外ラグジュアリーブランドと上質な食の提案を強める。

【関連記事】六本木ヒルズ 村上隆の巨大新作彫刻を設置

 3月下旬に輸入チーズ・ワイン専門店「ランマス」、同月28日に「バーバリー」を導入する。バーバリーはメンズ、ウィメンズ、キッズ、服飾雑貨を全て揃えた国内初の店舗となる。続いて、7月に「モンクレール」を導入する。メンズ、ウィメンズ、服飾雑貨全てを揃える。

 六本木ヒルズは「屈指のラグジュアリーSC」を目指し、16年春から昨年夏までに、全店舗面積の約5割を刷新。

 ウェストウォークを中心に、海外ラグジュアリーブランドや国内の有力セレクトショップの拡充、上質な食やスポーツを含めたライフスタイル提案を強化し、成果を上げてきた。今回のけやき坂エリアの改装によって、提案力をさらに高める。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop