注目されるテキスタイルのオンデマンド生産 インクジェット活用で在庫レスに

2021/11/25 06:30 更新有料会員限定


Medium 7000%e6%9f%84%e3%81%8b%e3%82%89%e5%8f%97%e6%b3%a8%e7%94%9f%e7%94%a3%e3%81%97 1%e9%80%b1%e9%96%93%e4%bb%a5%e5%86%85%e3%81%ab%e5%b1%8a%e3%81%91%e3%82%8b %e3%83%87%e3%83%93%e3%82%b9
7000柄から受注生産し、1週間以内に届ける(デビス)

 テキスタイルのオンデマンド生産が注目されている。オンデマンドとは〝需要に応じた〟という意味で、必要な時に必要な量だけ生産する仕組み。大量生産・過剰在庫の問題がクローズアップされる中、在庫レスのアパレル生産に寄与する仕組みとしてインクジェットプリントを活用したサービスが出だした。プリント工程だけでなく、生機(きばた)生産自体をオンデマンドに近づける取り組みも始まった。

(中村恵生)

【関連記事】生地コンバーターのデビス デジタルプリント工場を京都に開設

小ロット・短納期

 服地コンバーターのデビス(大阪市)は直営プリント工場を京都府城陽市に開設し、コーニット製のテキスタイル用インクジェットプリンター「プレスト」を国内で初めて導入した。オンデマンドの新サービス「テックスポッド」を来年1月から開始、プリント生地在庫を抱えず、同社の7000柄の中から受注生産し、1週間以内に届ける。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop