【マサ佐藤の駆け込み寺】期中売上が厳しい場合は?⑤

2018/06/13 06:29 更新


Medium %e4%bd%90%e8%97%a4%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

Dさん。では前回の振り返りを簡単に。

※マサ佐藤の過去ブログはこちら

今日は告知はいいんですか。


へへへ、いやあ、たくさんの方にお申込みいただいてるんでねー、でもせっかくなので少し。


(すんのかい)


6月下旬から4回連続セミナーを始めます。Aクラスの定員は埋まり、日にちの違うBクラスのみですが、ご興味のある方はぜひこちらをご確認のうえ、お申込みされるならお早目に~(満員の場合はご了承ください)。では、前回の振り返りを。


へい。しつこいようですが、今回の課題の前提条件は以下のようになります。


①現在は9月30日。9月の各数字はほぼ確定の数字

②10月・11月の仕入金額は発注済み

③これから12月の商品発注を決めるところ。リードタイム2か月で次回商品上がり日は12月1日

④1月の仕入予算は春物の予算としてとってある(冬物で使えない)

⑤8月も売上予算比は82%だった


そして、紆余曲折をへて以下図5に纏まった。


そして前回は、12月の仕入商品の見直しをする。「売れる可能性の高い商品」に切り替える。ということで、9・10・11月商品の追加発注である一定の金額は使おうと!いうことでした。


そうでしたね。そして、当初予定していた12月入荷予定商品をどうするの??ということでした。Dさん。このことをどう考えますか??


この講義では詳しい商品の詳細が解らないので、なんとも言えないのですが…。普通に考えれば、追加発注で12月仕入枠を使いきって良い!!と思います。ただ…。


おやっ?? Dさんどうかしたのですか??


今回の講義を自分のショップに置き換えると、いくら12月でも冬の新商品が多少入荷しないことには厳しいかな??と思いまして…。


いいんですよ! 今回の講義に正直。答えなんてないんですから!! Dさんの頭のイメージにあることを前面に出して!!


へえ。ありがとうございます。なんかそれ聞いて安心しました。では、これからは私のイメージで話をしますね(笑)。


はい。そうしてください。


へえ。私の携わるショップはレディースということもあり、店頭の鮮度も必要になってきます。よって、12月仕入枠の一部は当初予定していた商品で行きます。とは言いつつも、当初予定していた商品を9月までの商品動向から再検証し、アイテム数を削減。ピンポイントで勝負したいと思います。


なるほど。追加商品の金額をどれだけ使っているか?という問題はありますが、そうきましたか。


へえ。但し追加商品を含めても当初予定していたアイテム数より少なくしようと思っています。そうすることによって、「売れる可能性の高い商品」の1アイテム辺りの商品数量を増やしたいからです。


なるほど。それには私も賛成ですね。中途半端に多くのアイテム数を投入するよりは、売れても、ある一定の期間は、金太郎飴的に店頭から商品がなくならない。このことは重要です。また、私の今までの経験上。そういうリスクを負って勝負ができるMDがなかなかいない(笑)。


ありがとうございます。私も店頭勤務のときの経験で、とくに12月以降の商戦で売れ筋の商品が、店頭のVP(売れる場所)から消えるとレイアウト変更に翻弄され、お客様の足を止めるのにエライ苦労したことがありましたので_| ̄|○


先の店頭のことまでイメージして、商品発注を考える。素晴らしいことですよ。Dさん(・∀・)イイネ!!


あざ~す(`・ω・´)ゞ


では、今回の講義のまとめをしますね。まずは、Dさん。今回の講義の感想を聞かせてください。


へい。せんせには何度も言われていたことですが、LTが2か月だと、9月末の段階で1月までのことも視野に入れ考えないといけないんだなと! 改めて、MDの業務の難しさを感じました。目先にばかり捉われてはいけないと…。


その通りですね。


あとは、MDの予算設計をしっかりしなくてはいけない!とも感じました。


そうですね(笑)ただ、この連載では書ききれないので、説明してませんけどね(笑)。


(笑)。


今回の講義で重要なのは、過去の結果はどんなに反省しても変えられません。Dさんが今回実行したように、先の見通しをたて厳しい局面をどう打開し、明るい未来の変えていくのかが重要です。


今回でそのことが良く理解できました。


だからこそ、都度都度の判断や。先を考えない行き当たりばったりの政策を打つのではなく、OTB表のような先の見通しが見える帳票を活用し、未来を良くする先の見通し立てる。そして、各部署のメンバーをそのことを共有し、具体的な目標、施策を立てることによって、各メンバーの「やる気」を起こさせる。このことがとても重要です。


承知しました。私も会社にこのことを持ち帰って、是非明るい未来を作ることが出来るよう頑張りますヽ(^o^)丿


ということで、Dさんへの講義は終了。次回から新しい内容になります(@^^)/~~~


え( ゚Д゚)私もう登場しないんですか?? 残念_| ̄|○ ただ連載以外で指導お願いします。


考えておきます(笑)。


では皆さん次回もお楽しみに(@^^)/~~~



95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立上をMDとして担当。10年よりフリーランスとして活動開始。シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。小売り企業へのMDアドバイスや専門学校での講義・また海外での講義等。現在、多方面で活躍中。
www.msmd.jp

関連キーワードレポートプラス


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop