【大手専門店トップの考え】コロナ下を生き抜くリアル店の条件とは?

2021/02/02 06:30 更新有料会員限定


Medium 123456

 コロナ禍で消費者のライフスタイルが大きく変化する中、ファッション小売りは、商品も、それを売る店の在り方もこれまでと変えることを迫られている。大手SPA(製造小売業)と有力セレクトショップのトップに、21年の出店戦略と今後リアル店の役割をどのように進化させるのかを聞いた。

(柏木均之)

【関連記事】ファーストリテイリングと良品計画の9~11月 国内ビジネス回復くっきり

「お客に役立つ」磨く

ファーストリテイリング 柳井正会長兼社長


 この間起こった一番大きい変化は、お客様が郊外のSCやロードサイドなど自分の生活により近い店で買うようになったことだ。欲しい商品が決まっていれば、ECで買えば済む。わざわざ都心の店に行く必要はないわけで、今後生き残るのは、お客様のためになる店だけだと思う。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ランキング形式のデータブック
プレゼントキャンペーン実施中!

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定新型コロナウイルス情報


Bnr counter agreement cp
Bnr denshiban cp

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop