ファーストリテイリングと良品計画の9~11月 国内ビジネス回復くっきり

2021/01/18 06:29 更新有料会員限定


 ファーストリテイリングと良品計画の国内事業の回復傾向が顕著だ。第1四半期(20年9~11月)はファストリのユニクロが増収大幅増益を果たし、ジーユーも好調を持続した。良品計画の無印良品も食品の好調およびアマゾンや楽天など他社ECへの出店効果で増収となり、2ケタ増益となった。生活の必需品として幅広い客層から支持されたことが、新型コロナウイルスの感染者数が再拡大した時期でも両社の業績が好調だった理由だ。

(柏木均之)

【関連記事】FR柳井会長兼社長に聞く 「分断でなく協調が未来を開く」

商品構成、値下げ実る

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop