FR柳井会長兼社長に聞く 「分断でなく協調が未来を開く」

2021/01/04 06:30 更新有料会員限定


Medium dsc 0056

《ポストコロナを見据えて・ファーストリテイリング柳井正会長兼社長に聞く㊤》分断でなく協調が未来を開く もうけより、まずはファン作り

 ファーストリテイリングは今期(21年8月期)、過去最高水準の業績を見込む。新型コロナウイルスが猛威を振るい、欧米市場の苦戦は続くが、中国などアジアは復調の兆しがあり、日本もユニクロの既存店売上高が20年6月以降、前年を上回っている。柳井正会長兼社長は、働き方を変え、ライフスタイルの変化に沿った商品と店を作り、グローバルに売る姿勢が日本のファッション産業全体に求められていると強調する。生活者のニーズや価値観が大きく変化した今、どんな企業に進化しようとしているのか聞いた。

(柏木均之)

【関連記事】ユニクロとワークマン 好調が続く理由とは?

 コロナ禍の世界的な拡大は「戦後最大の人類の危機」。だが、噴出している問題の火種はそれ以前からあったと見ている。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード新型コロナウイルス情報電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop