阪急メンズ大阪「ガラージュ・D・エディット」 10~20代の売り上げ2倍に ファッションにつぎ込む熱狂者

2020/03/19 06:30 更新有料会員限定


Medium 20%e6%ad%b3%e3%81%ae3%e4%ba%ba%e7%b5%84 %e5%8f%b3%e3%81%ae%e7%94%b7%e6%80%a7%e3%81%af%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%88%e3%81%a7%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%9f%e3%81%8a%e9%87%91%e3%81%a7 %e3%82%b5%e3%82%ab%e3%82%a4 %e3%81%ae%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%84%e3%82%92%e8%b3%bc%e5%85%a5 %e4%b8%ad%e5%a4%ae%e3%81%ae%e7%94%b7%e6%80%a7%e3%81%af %e3%83%a1%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%82%92%e3%82%88%e3%81%8f%e4%bd%bf%e3%81%86  %e6%89%8b%e3%81%ab%e3%81%af %e3%83%ab%e3%82%a4 %e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%88%e3%83%b3 %e3%81%ae%e3%83%91%e3%83%94%e3%83%a8%e3%83%b3

 新型コロナウイルスの影響が日に日に深刻さを増し、売り場も大打撃を受けるなか、10代、20代は元気だ。阪急メンズ大阪の自主編集売り場「ガラージュ・D・エディット」(以下、ガラージュ)では、10、20代の2月売り上げが前年比2倍と大きく伸びた。

 これまでのストリートブームでファッションに関心を持つ若者が一気に増えたことや、「メルカリ」などリセール市場の拡大で高額品を買うハードルが下がっていることが要因だ。「若者は服を買わない」なんて大間違い。むしろ、ご飯を我慢してまでファッションにつぎ込む〝ファッション熱狂者(グルーピー)〟が増えている。

(金谷早紀子)

【関連記事】阪急うめだ本店、6階プレミアムを改装オープン

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop