布製ランドセル、〝ラン活〟の一つに成長 量販店の参入で認知広がる

2023/12/22 07:59 更新有料会員限定


 布製ランドセルが、〝ラン活〟の選択肢の一つとして受け入れられている。昨年は有名ブランドの参入が話題となり、今年は大手量販店が仕掛けたことで認知がさらに広がった。今年の売り上げは各社とも好調で、来年も前年超えを計画している。

(金谷早紀子)

【関連記事】【記者の目】布製ランドセルが定着するには 通年販売で買い替えにも対応

販促もシフト

 「想定以上に認知が進んでいる」と驚くのは、学校用品メーカーのフットマーク。同社は20年からポリエステルの通学かばん「ラクサック・ジュニア」を販売している。22年までは小学校高学年の買い替え需要が多かったが、今年は入学向けに購入する人が上回った。デザインを革製ランドセルに近づけた「ラクサック・ジュニアプラス」(22年11月発売)が大きく伸び、全体で前年比50%増となった。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ランキング形式のデータブック
プレゼントキャンペーン実施中!

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定ピックアップニュース



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事