コックス マスク専門店「マスクドットコム」を初出店

2020/09/10 06:27 更新


Medium %e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%89%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b3%e3%83%a0%ef%bc%91  1
八重洲地下街を行き交う幅広い世代に向けて種類豊富なファッションマスクを訴求する

 カジュアル専門店のコックスは9月8日、東京駅の八重洲地下街に新業態のファッションマスク専門店「マスクドットコム」をオープンした。機能性やファッション性を備えたマスクを200種類以上揃える。取り扱う商品に関して豊富な知識を持った販売員を〝マスクコンシェルジュ〟として店舗に配置し、TPOに応じたマスクを提案する。今後は関東圏を中心に期間限定店の出店を増やす。

【関連記事】コックス 活動機会が減ったアーティストと協業商品

 同社は今春から、自社ECを中心にマスクの販売を強化してきた。市場のマスク供給量が安定してきた今、より消費者の満足度を高めるため、専門店の出店を決めた。

 売り場面積は約63平方メートル。自社企画のオリジナルマスク4割、国内外から仕入れたマスク6割の構成。中心価格は1000円以下だが、一部オケージョン需要やギフト需要に対応した高単価な商品も揃える。オリジナルでは、売れ筋の保湿・抗菌防臭加工を施した「さらマスク」やA型インフルエンザウイルスを抑制する加工を施した「コアマスク」などを扱っている。自宅用クリーニング洗剤やマスク用のフレグランス、カバーなども揃える。今後、マスクにロゴやイニシャルをプリントすることができる機械の導入も予定している。マスクドットコムは同日、公式オンラインストア内にも店を開設した。

日本最大級となる200種類以上のマスクを揃える

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop