店舗DX支援のビスタット、コレド室町3に次世代型の実験店舗 EC専業の4店集めOMO

2021/11/29 06:29 更新


Medium 47ab019c 6653 4fc7 b58e 7d03d8cc6508  1
期間限定店のイメージ

 店舗DX(デジタルトランスフォーメーション)支援のスタートアップ、ビスタット(東京、松田尚子CEO=最高経営責任者)は12月9日まで、EC専業の4事業者と組んだ期間限定店をコレド室町3の3階にオープンしている。同社の画像AI(人工知能)とIoT(モノのインターネット)技術を生かした次世代型のOMO(オンラインとオフラインの融合)店舗となる。

 「ピカゾ・ポップ!」と名付けたAIストアには、ノンアルコール飲料を扱う「ノルキー」や革製品の「ポルコロッソ」、アンティークの「ザ・グローブ」、アートの「エノアル」が集う。すべてEC専業で実店舗への出店は初めて。

 店内は、画像AI解析機能を含むカメラやディスプレー、オーディオ、決済システム、RaaS(サービスとしての小売り)ソリューション「ピカゾ」を備える。

 オーディオを含む出店者のPRコンテンツが、来店客の動きに反応してディスプレー上で切り替わることで、ECでの世界観をより深く伝えられるという。それによってECへの送客も可能になる。ピカゾのダッシュボード(データ可視化ツール)では、ECと比較可能なデータファネルも取得できるという。

 松田CEOは経済産業省出身。東京大学・松尾豊研究室で工学系博士号を取得したのをきっかけに18年に同社を立ち上げた。20年8月にはAI特化型のVC、ディープコアから出資を受けている。

関連キーワードデジタル


Bnr counter agreement cp
Bnr denshiban cp

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop