アシックスの中国販売 20年は10%増収 現地生産でEC売れ筋に対応

2021/03/03 06:30 更新


Medium %e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba

 【上海支局】アシックスは20年の中国での販売をコロナ禍でも堅調に伸ばし、前期(20年12月期)の中華圏売上高は約411億円(前期比4.2%増)となった。中国・台湾・香港の販売を管轄するアシックス中国商貿は、ほぼ期初予算を達成。特に中国本土での販売は、ブランド別に「アシックス」が売り上げ20%増、「オニツカタイガー」1~2%増で、全体で10%伸ばした。

【関連記事】アシックス ライフスタイルブランド「ウノハ」発売 ファッション分野に参入

 同社の海外販売で売り上げが伸びたのは中国とオセアニア。いずれもパフォーマンスシューズが好調だった。その中で中国は新型コロナウイルス感染拡大で20年2月に大きく落ち込んだが、3月から予算に到達する回復ぶり。特に個人で運動を楽しみたいというニーズが強まり、ランニングシューズが活発に動いた。シューズのカテゴリー別ではランニングが26%増で、中国市場でアシックスのランニングブランドイメージが定着している。一方、スポーツスタイルは微減で、アパレルまでの総合スポーツブランドの確立がこれからの課題となる。

 販路はECが大きく伸び、自社EC、ECモールともに好調。アシックスは30%増、オニツカタイガーは65%も増えた。ECの伸びは現地生産体制の整備が進んだため。中国人のニーズに合ったデザイン・色を短期で生産して市場投入できる現地生産体制が20年秋からようやく軌道に乗ってきた。主力生産地のベトナム、インドネシアより納期が半分に短縮され、ECの販売機会ロスを防げる。21年は型数を増やし、生産スピードを速める。

 21年は中国で売り上げ2ケタ増を計画する。現地生産対応を増やすとともに、店舗ではシューズ底材テクノロジー「IGS」(インパクト・ガイダンス・システム)の機能性や、フィット性を伝えることを重視する。出店は大都市部を中心に進めるが、既存店の採算性とスクラップ・アンド・ビルドを重視し、新規出店は微増となる見込みだ。

「アシックス」ランニングシューズは売り上げを大きく伸ばした

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop