アダストリア木村次期社長 新ブランド、出店など攻めの経営を継続

2021/04/15 06:30 更新有料会員限定


Medium %e3%82%a2%e3%83%80%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%aa%e3%82%a2 %e6%9c%a8%e6%9d%91
アダストリア・木村新社長

 「経営、取締役チームの体制は大きく変わらない。コロナ禍でも新規ブランドを立ち上げるなどチャレンジしており、攻めの経営を続けていく」。そう語るのは、5月27日付でアダストリアの取締役社長に就任する木村治取締役副社長。25年2月期をめどとする成長戦略の実現に、重点のライフスタイル事業やオムニチャネル化、SDGs(持続可能な開発目標)などの舵(かじ)取りを担う。代表取締役会長に専念することになる福田三千男代表取締役会長兼社長のもとで経営に携わり、小売り現場やトリニティアーツ社長など経験が豊富だ。しかし、「何でもはできないことは自覚している。足りないところは基本的にはほかの人に任せ、補ってもらう」体制が強みとも話す木村副社長に、今後について聞いた。

(古川伸広)

【関連記事】アダストリア 新社長に木村治氏

 ――コロナ下での就任だが。

 成長戦略を大きく変えることはない。チームとして権限を移譲しながら、さらにスピード感を出してアップデートしていく。福田会長からは経営者にとって「感性と勘どころ」が大事と言われ、ここへの期待に応えたい。特に、営業出身なのでマーケットをよく読み取り、将来性を見通した出店戦略など経営に直結する大型投資などのジャッジを速くしていく。終息しても元の環境には戻らないと考え、戦略を立てていく。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop