ヤギ フィットネス企業と戦略的パートナーシップ契約

2021/03/09 06:29 更新


Medium 4 20201219 %e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%9f%e3%83%a9%e3%83%bc0475

 繊維専門商社のヤギは、フィットネスクラブを運営するワンサードレジデンス(東京、蘇乾聞社長)と戦略的パートナーシップ契約を結んだ。

【関連記事】ヤギ 洗える医療用ガウン やまぎんと共同開発

 ヤギとヤギ子会社のドリームボックスは、ワンサードレジデンスが手掛けるミラー型オンライントレーニング用デバイス「フィットネスミラー」事業で販売代理店契約を結び、今後協力体制を強める。フィットネスミラーは、鏡に映った自分の姿を見ながら、在宅で鏡の中のトレーナーの指示に従ってトレーニングできる。すでにフィットネス用を含む数多くのコンテンツを収録し、ライブレッスンも実施している。

 戦略的パートナーシップにより、ヤギ、ドリームボックスが開発するメニューや商品をフィットネスミラーのコンテンツに加えて付加価値を向上。フィットネスミラー事業を早期に拡大させると同時に、サービスの改良や共同商品の開発、イベント開催などを協力しながら進める。コロナ禍で在宅でのオンライントレーニングの利用が増えていくことを想定し、契約を結ぶことにした。

 ヤギは19年に消費者向け健康管理アプリの開発などを手掛けるドリームボックス(福岡市)を完全子会社化した。「ヘルスケア」「フィットネス」などをテーマにした新規事業の拡大を急いでいる。

ミラー型デバイスで自宅でオンライントレーニングが受けられる

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop