専門店レディス12月の売り場観測 ベーシックなウールコートが好調

2023/12/07 07:59 更新有料会員限定


 気温が低下し、ようやく動き出した重衣料に力を入れる。ベーシックなウールコートが売れている様子だ。素材はカシミヤやキルティングなども感触が良い。ニットアイテムも引き続き期待でき、クリスマスの気分を上げるような色や、ラメが目を引くアイテムを推す店がある。ギフトにも訴求できる雑貨類も充実する。

【関連記事】専門店レディス11月の売り場観測 コートやダウンジャケットを強化

ドゥーズィエムクラスルミネ有楽町店

パーティースタイル

 アウターやニットアイテムが引き続き入荷する。ラメやグリッター、色をアクセントにしたトップやボトムを投入し、鮮度を高める。ムートンのロングアウターやジャケットなどにも注目だ。ホリデーシーズンの〝パーティースタイル〟を提案し、シックな黒のシルクサテンやシアーのスカートには、ゴールドの小物を利かせる。ジュエリーは種類を充実し、ニーズに沿って紹介する。

 先月は気温が下がり、一気に冬物への購買意欲が上がった。ニットやジャージーのトップに加え、10月まで動きが鈍かった重衣料が売り上げをけん引した。比較的、非ウールが好調だが、定番のウール系も良い。丈や素材を様々に揃え、比較購買にもつながっている。

ニットトップ3万3000円「ドゥーズィエムクラス」、スカート47万1570円「ケイト」、パンツ2万7500円「レクト」、バッグ22万5500円「ジルサンダー」
アウター8万4700円、ニットトップ2万9700円、パンツ6万4900円「ドゥーズィエムクラス」、バッグ2万5300円「アンドミューク」、シューズ17万8200円「メゾン・マルジェラ」

アダム・エ・ロペアトレ恵比寿店

華やかな日常着

 クリスマスに向けた訴求を強める。今年は例年よりもわかりやすい見せ方と品揃えがポイント。ビジュアルプレゼンテーションにクリスマスツリーを置き、そこにイチ押しアイテムを集積して見せる。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

申し込み当月購読料
無料キャンペーン実施中

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事