TSI「アドーア」が「ブリュード・プロテイン」を採用 本格的な婦人アイテムで初

2023/12/08 06:29 更新有料会員限定


「アドーア」の定番コートに採用することで顧客への認知向上に期待する

 TSIは、バイオベンチャーのスパイバー(山形県鶴岡市)と協業し、人工たんぱく質素材「ブリュード・プロテイン」(BP)を婦人服ブランド「アドーア」の定番のコート地に採用した。税込み27万5000円と高額だが、動物福祉や環境問題に関心の高いブランドファンに向けてアピールする。スパイバーがBP使いの素材を本格的な婦人アイテムに提供したのは初めて。11月30日から販売を始めた。

(永松浩介)

 TSIホールディングス(HD)は、50年までにカーボンニュートラルを達成するため低環境負荷素材の使用を進めており、BPの採用はその一環。BPは、カシミヤと比較してCO2(二酸化炭素)排出量や水の使用量が大幅に少ない。生分解性も備え、海洋汚染問題への寄与も期待される。TSIHDは今後も傘下のブランドにBP使いの素材を採用し、スパイバーと共同で認知獲得を狙う。

 アドーアで採用したのは毎シーズン企画するブランドの顔となっているノーカラーコート。黒とアドーアベージュと呼ぶ2色。基本のスタイルは変わらないが、今シーズンは身頃の背面を切り替え、薄い中わたを敷いた。各色24枚で1サイズ。ラベルにナンバリングし、希少性もアピールする。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

申し込み当月購読料
無料キャンペーン実施中

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定サステイナブル



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事