ジーンズカジュアル定店観測2月 気温高く春物動く

2020/02/21 06:26 更新有料会員限定


Medium %e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba %e3%83%90%e3%83%a9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%82%bf %e3%83%ad%e3%83%95%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%b3%ef%bc%91%ef%bc%99%ef%bc%98%ef%bc%91

 ジーンズカジュアル専門店の2月16日の定店観測は、全国的に雨模様だったが気温が高いこともあり、春物の動きが目立った。

 昨年よりも冬物は鈍く、薄手の羽織り物の動きが良かったが、新型コロナウイルスの影響でインバウンド(訪日外国人)の需要が振るわない店もあるなど、集客に影響があった。

【関連記事】ジーンズカジュアル定店観測1月 ボア、フリーストップが引っ張る

■単価の取れる商品売れる

 トップは、「薄手の羽織り物が例年よりも動いている。とくにワーク系」(アメリカ屋)、「来店された方の春物の購買意欲は高く、とくに軽アウターが売れるようになった」(ラックスアウトフィッターズ)、「薄手の商品ほどまとめ買いにつながっている」(メソッド)など、春物が順調だった。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop