帝人フロンティア衣料素材本部 手薄な商材を補い拡販へ 低採算事業は縮小

2024/06/20 06:28 更新有料会員限定


ユニフォームやスクール向けでは要望の強いニットを強化

 帝人フロンティア衣料素材本部は、グローバル顧客向けで織物、国内ユニフォーム事業でニットと手薄な商材を充実し、販売を伸ばす。

(高田淳史)

【関連記事】繊維to繊維へ開発加速する帝人フロンティア 松山に分離設備を導入

 前期(24年3月期)の業績は、増収増益だったものの利益面で予算に届かなかった。中国の南通帝人が引き続き絶好調で、帝人フロンティアニッティングや合繊織物のフロンティアテックス、帝人フロンティアDGなど国内グループ会社も好調だった。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約いただくと続きを読むことができます。

すべての記事が読み放題の「繊研電子版」
単体プランならご契約当月末まで無料!

今すぐ登録する

今すぐ登録する

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事