ストライプ立花社長に聞く、今後の対応策・新体制での経営方針は? 「再調査は行わず、防止策を徹底」

2020/04/02 06:28 更新有料会員限定


Medium medium %e7%ab%8b%e8%8a%b1%e3%81%95%e3%82%93 21%e5%b9%b4%e6%98%a5%e3%81%ab%e6%8e%b2%e8%bc%89%e7%94%a8 %e9%81%8e%e5%8e%bb%e5%86%99%e7%9c%9f
立花社長

 ストライプインターナショナルは、石川康晴前社長のセクハラ報道を受けて3月31日、「コンプライアンス(法令順守)徹底とハラスメント根絶の取り組み」に関するプレスリリースを発表した。本社・本部・店舗のスタッフにも伝えているという。石川氏の辞任にともない3月6日付で就任した立花隆央(たかひろ)社長に、会社としての本件の認識や今後の対応策、新体制での経営方針などを聞いた。

【関連記事】ストライプ立花社長 「ハラスメント防止を徹底」「石川前社長は経営には関わらない」

――今回の一連の報道に関する、会社の見解を改めて確認したい。また、当時の専務として立花社長自身はこの問題をどう受け止めているのか。大きな問題となった原因は何か。

 報道の通り、18年12月の査問会で前社長は(従業員との距離感について)厳重注意を受けている。委員の皆さんには非公開を前提に忌憚(きたん)ない討議をしていただいたため、審議内容は申し上げられないが、査問会自体に問題があったとは考えておらず、その結論を尊重したい。

 今回の件が、従業員、お客様、お取引先様に大きな不安を抱かせたことは間違いなく、非常に重く受け止めている。セクハラを含む様々なハラスメントに関し、私ども経営陣一同、襟を正し、従業員が安心して働くことができる環境を確保するよう、全力を尽くす所存だ。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop