大手SPAとセレクトショップ 生産コスト上昇も値上げには慎重 春夏は「極力避けたい」

2022/01/19 06:30 更新有料会員限定


Medium price

 原燃料や物流費の高騰に円安も重なり、ファッション小売りは商品の値上げを迫られている。だが、コスト上昇の単純な価格転嫁には慎重な企業が多い。生活者の所得がほとんど上がっていないため、値上げで客離れや売れ行きが鈍化する懸念があるためだ。大手SPA(製造小売業)やセレクトショップでは、22年春夏物は可能な限り値上げせず価格を据え置き、秋冬以降、商品の価格と価値のバランスを改めて見直し、客が受け入れられる形での値上げを目指す考えが目立つ。

(柏木均之)

単純値上げに割高感

 ファーストリテイリングは22年春夏物について「何品番かは値上げ、あるいは価格見直しをせざるを得ないが、限定的」とする。「お客様の価格に対する感覚は非常に厳しい」と見ており、「値上げは避けたい」のが基本スタンスだ。一方、秋冬物に関しては目下「価格と価値のバランスを全て見直している」。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop