スノーピーク 量販店向けなどのアパレル販売を強化

2020/03/03 10:58 更新会員限定


Medium %e3%82%b9%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%a2%e3%83%91%e3%83%ac%e3%83%ab20%e5%b9%b4%e6%98%a5%e5%a4%8f%e7%89%a9

 キャンプ用品メーカーのスノーピークは20年12月期、アパレル事業を大幅に伸ばす。直営店開設によるアパレル売り場の拡大や、既存店での取り扱い拡充に加え、今秋をめどにスポーツ量販店内などで展開する「インストア」売り場向けの専用商品を導入する。今期のアパレル事業売上高は、前期比46%増の25億円を見込む。

【関連記事】スノーピーク 韓国企業と資本提携 年内に70店計画

 今期は直営店の新規出店などでアパレル売り場を前年より三十数%増やすとともに、既存店でのアパレルの取り扱い拡充策も継続する。さらに、取引先の店舗にスノーピークスタッフが駐在するインストアと呼ぶ売り場の大半で、「従来品よりブランドのロゴマークなどを強調し、ある程度、機能性をそぎ落としたリーズナブル品」(上山桂執行役員経営企画室長)を投入する。専用のライン名などは設けないが、それら商品群の開発のために、社内に新たな企画体制を組成したという。

関連キーワード無料会員限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop