しまむらの新中計 事業ポートフォリオで成長 既存店、ECとも伸ばす

2024/04/03 06:29 更新有料会員限定


 しまむらは26年度(27年2月期)を最終年度とする中期経営計画を策定した。「盤石の基礎を築いた」(鈴木誠社長)前期までの3カ年計画を踏まえ、成長戦略を打ち出す。30年度までの長期計画の行程の中で、収益構造を高め、新規事業にも踏み出す。

(田村光龍)

【関連記事】《トップインタビュー2024》しまむら社長 鈴木誠氏 “当たり前”を改め次へ

 〝ネクスト・チャレンジ成長への挑戦〟を掲げた新中期計画で打ち出す成長戦略は、事業ポートフォリオの再構築、既存店売り上げの底上げ、出店拡大、EC事業拡大、新規の海外事業など。これによって売り上げ、収益性ともに高める。

営業利益率引き上げ

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ランキング形式のデータブック
プレゼントキャンペーン実施中!

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事