【絶対効果のキラートーク⑭】色で迷うお客様へ(続編)

2018/04/29 04:30 更新


Medium 52242a00ab1e99191ada0962d31983d2

リテールコミュニケーションサービス「レックスタッチ」が教える、「絶対効果のキラートーク」すぐ使えるワンフレーズを紹介していきます。インプットしたらぜひ実行!ぜひ試してみてくださいね。

絶対効果のキラートーク その⑭

続・色で迷う客へ 気もちに寄り添う最強フレーズ

◆シーン1:同じ色の色味違いに惹かれたら?

「クローゼットに並んでいないお色ですか?」
「クローゼットの他の服の印象を変えてくれますよ」

普段使っている色でも、色味が違うと印象が大きく変わります。雰囲気が変わります。同じ赤でも、これまでの色味とはニュアンスが違うような商品の場合に、使うフレーズです。主張する性格が強い色に向いています。


いつもの色、新しい色、チャレンジしたい色、初めての色、スタイルで活きる色、華やかな色、落ち着いた色。色を描写するフレーズはたくさん持っておきましょう。

◆シーン2:大人のお客様が足が止めたら?

「懐かしいお色ですか?」

色で迷う、色に関心を持つのは、トレンド色だからとは限りません。たとえば、若いころに着た色で、年齢を重ねるとともに離れていた色が、再び流行したとき、ある種の懐かしさを持って眺めていることがあります。


そして、実際に、心が動くということは、再び、その色が似合う年齢になってきたということです。以前は、トレンドとしてチャレンジした色が、今度は、「自分らしさ」を表現する色として目の前に現れたといえます。

そんな気持ちを察して、やさしい口調で働きかけるフレーズです。


書き手:藤永幸一
20年のアパレル体験で痛感したこと=仕事の悩みは、本当のところ、「人間関係」。2000年に、「レックス」を設立。「仕事を楽しむスキル」を学んで、「元気な現場」をつくるサポートをスタート。

「繊研新聞」の新メディア、ファッション販売職のための使えるニュースアプリ「サプリ」よりこのコンテンツが載っているアプリのダウンロードはこちら。

アップストアバッヂDownload_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40google-play-badge (ネットデジタル用)mini 

「SAPLi」とは…
繊研新聞社がファッション販売職向けに提供するスマートフォンアプリ「SAPLi」(サプリ)掲載記事を紹介する専用カテゴリーがオープン。週末を中心に更新していきます。

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop