石井ナルミヤ・インター社長 「これからが腕の見せどころ」

2020/07/14 06:29 更新有料会員限定


Medium %e3%83%8a%e3%83%ab%e3%83%9f%e3%83%a4%e7%9f%b3%e4%ba%95%e7%a4%be%e9%95%b7  2

 子供服業界はこの10年で大きく変化してきた。親の主力層がミレニアル世代に移ったこと、販路の多様化や大手専門店のシェア拡大などが背景にある。ナルミヤ・インターナショナルの石井稔晃社長はそうした市場の動きにいち早く対応し、従来の百貨店に依存したビジネスモデルからの脱却を掲げ、SC販路とECに着手、マルチチャネル戦略で実績を積んできた。「これからが腕の見せどころ」と言う石井社長にコロナ禍での問題意識や今後について聞いた。

(関麻生衣)

【関連記事】「プティマイン」 ジュニア向けラインの販売始める

 4~5月、ファッションは生活必需品ではないとのことで営業できなかったのは非常に悔しい。休業明けの店頭では「なるべく混んでいる時を避けたい」との消費者心理で、土日やセール初日の一極集中は減った。一度で必要な商品を揃えようと、一人当たりの買い上げ点数は増え、客単価も上がっている。

売れる服に変化

 家で過ごす時間が増え、デイリーに着られる服が売れている。その点でSC向けのブランドは、以前から日常生活で使ってもらえる品揃えにしているので、今後も需要が見込めるだろう。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop