マザーハウスが新ライン「エリコ・ヤマグチ」を発売 〝布をまとう〟感覚の服

2022/08/03 06:29 更新


Medium %e9%83%bd%e4%bc%9a%e7%9a%84%e3%81%aa%e3%82%b7%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%84%e8%89%b2%e4%bd%bf%e3%81%84%e3%81%ae%e4%b8%ad%e3%81%ab%e6%9d%b1%e6%b4%8b%e7%9a%84%e3%81%aa%e7%be%8e%e6%84%8f%e8%ad%98%e3%82%92%e6%84%9f%e3%81%98%e3%81%95%e3%81%9b%e3%82%8b %e3%82%a8%e3%83%aa%e3%82%b3 %e3%83%a4%e3%83%9e%e3%82%b0%e3%83%81
都会的なシルエットや色使いの中に東洋的な美意識を感じさせる「エリコ・ヤマグチ」

 「途上国から世界に通用するブランドをつくる」を理念に掲げるマザーハウス(東京、山口絵理子代表)は、インドの綿素材「カディ」を主素材に使ったアパレルブランド「E.」(イードット)から、新ライン「エリコ・ヤマグチ」を9月3日に発売する。9月16日には東急プラザ銀座に1年間の期間限定店を出す。

(壁田知佳子)

 22年秋冬のコンセプトは「差異を越えた境界のない世界」。国籍や性別、年齢などの違いを越え、共通の喜びや理解を探求する。東洋的な〝布をまとう〟感覚や、生地の〝揺れ〟や〝たわみ〟を生かしながら、都会になじむモダンなシルエットを黒と白をベースとした色使いで表現した。ウェアは、布をまとう感覚を重視した「MATOU」(マトウ)、帯から着想した「OBI」(オビ)、着る人によってシルエットが変容する「METAMO」(メタモ)などのシリーズで構成する。ウェアの半数はユニセックスで着られる。22年秋冬はウェア36型、バッグ2型、ジュエリー1型。インド、ネパール、バングラデシュ、インドネシアなど、同社の工場で生産している。

「OBI」シリーズのワンピース4万2900円、カシミヤのタートルネックセーター3万7400円、カディのパンツ2万6400円、バッグ4万5100円(すべて税込み)

 「(チーフデザイナーを務める)『マザーハウス』は生産地の力を引き出すことに注力する物作りをしているが、エリコ・ヤマグチは、より〝自分らしさ〟を表現した」と山口代表は話す。

 8月31日まで、オンラインの特設サイトと東京・台東区のイードット本店で先行予約を受け付けている。

「自分らしさを表現した」と話す山口代表

銀座でトークショー

 7月31日に東京・銀座で、イードットの顧客を招き、エリコ・ヤマグチのデビューを記念したトークショーと先行予約会を開いた。東京でのリアルイベントは約2年半ぶり。

 トークショーで山口代表は、「コロナ禍で出張に行けない中、自分自身のキャラクターやパーソナリティーに素直に従った服を実験的に作ってみたところから、エリコ・ヤマグチは始まった。夢中になって作る中で、東洋的なものや日本の美など、自分自身のアイデンティティーとして持っているものを再認識した」と話した。

東京・銀座で「イードット」の顧客を招いてトークショーと先行予約会を開いた

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop