マイノリティー、「ロジャーエーガー」が復活 高機能3素材で「究極の暖かさ」

2021/12/15 06:26 更新


Medium %e3%83%ad%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%82%ac%e3%83%bc002760
「トリアテックインサレーション」シリーズ。スイスの有力アウトドアブランドが復活する

 マイノリティー(東京)は、スイスのアウトドアブランド「ロジャーエーガー」を22年春夏物から販売する。ヨーロッパブランドらしい美しいデザインと最新テクノロジーで、本格アウトドアから都市生活まで対応する暖かさを提案する。

 ロジャーエーガーは70年代のアルパインシーンを代表するスイス生まれの本格アウトドアブランド。登山家に向けた高品質なダウンジャケットで知られ、保温用にアルミ箔(はく)を用いた裏地や、収納型のフードなど機能をいち早く取り入れたブランドとしても知られる。国内展開はしばらく休止していたが、日本でスポーツウェアの企画・生産を手掛けるマイノリティーが復活させ展開することになった。

 “新生ロジャーエーガー”は創業時のスビリットを受け継ぎながら、最先端のテクノロジーを採用する。最初のコレクションは、三つの高機能素材を採用した「トリアテックインサレーション」シリーズ。宇宙服で使用される断熱素材「シールドテック」と、ダウンよりも素早く温まる高熱伝導新素材の「グラフェン」、撥水(はっすい)素材「エピック」の三つのテクノロジーを「業界で初めて融合させ、究極の暖かさを追求」する。

“新生ロジャーエーガー”のファーストコレクション「トリアテックインサレーション」シリーズ

 マイノリティーは22年の本格販売に先立ち、クラウドファンディング(CF)サイト「キャンプファイヤー」で12月15日まで先行販売を実施、目標金額の2.5倍以上の支援を集めている。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop