ミマキエンジニアリング、今期も高成長維持 加沢工場隣にライン増強

2024/07/10 06:28 更新有料会員限定


高速昇華転写プリンターなど新機種が寄与する

 ミマキエンジニアリングは今期(25年3月期)、高成長を継続する構えだ。特にテキスタイル・アパレル(TA)市場向けが34.8%増とけん引する見通しで、DTF(ダイレクト・トゥ・フィルム)プリンターや新型の高生産機の拡販を見込む。

(中村恵生)

【関連記事】【ファッションとサステイナビリティー】ミマキエンジニアリング社長 池田和明氏 消費地近くのビジネス創出

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約いただくと続きを読むことができます。

すべての記事が読み放題の「繊研電子版」
単体プランならご契約当月末まで無料!

今すぐ登録する

今すぐ登録する

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事