《めてみみ》過去最高の理由

2018/04/13 04:00 更新


Medium %e5%86%99%e7%9c%9f%e5%8f%b3%e4%b8%8a%e3%81%8b%e3%82%89%e6%99%82%e8%a8%88%e5%9b%9e%e3%82%8a%e3%81%ab%e3%83%ab%e3%82%af%e3%82%a2%e5%a4%a7%e9%98%aa%e3%81%ae%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%e9%a2%a8%e6%99%af %e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%91%e3%81%ae%e5%99%b4%e6%b0%b4%e5%ba%83%e5%a0%b4 %e6%94%b9%e8%a3%85%e3%81%97%e3%81%9f%e3%83%a9%e3%82%be%e3%83%bc%e3%83%8a%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e3%81%ae%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a1%e5%ba%83%e5%a0%b4 %e5%86%8d%e9%96%8b%e7%99%ba%e3%81%8c%e6%b1%ba%e3%81%be%e3%81%a3%e3%81%9f%e5%a4%a7%e9%98%aa %e8%b1%8a%e4%b8%ad%e3%81%ae%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%bc
写真右上から時計回りにルクア大阪のワークショップ風景、サンシャインアルパの噴水前広場、改装したラゾーナ川崎のルーファ広場、再開発が決まった大阪・豊中のセルシー

 主要商業施設の17年度全館売上高は、秋冬の天候の後押しもあり、大都市部を中心に前年実績を上回ったところが多い。なかでも興味深いのが「過去最高売上高の更新」や4期以上の連続増収を達成している施設が複数あること。ここ数カ月の本紙掲載記事には、見込みを含めた過去最高売上高の達成施設は10はあった。

 競合施設の増加、ECの成長など、むしろ商環境は厳しくなっているはず。それでも、過去最高となったのは主体的な努力によるものだ。地域需要を見込んだテナントリーシング、広場を活用した多彩なイベントの実施、SNSによる情報発信の強化などの施策が定着してきた感がある。

 「改装したことを知らない人が多い」。そんな嘆きを幾度となく聞いたことを思い出す。「改装効果が長続きしない」と言われ出したのは15年ほど前だろうか。当時の主要な販促施策は改装とセール告知だったが、数年あったはずの改装効果期間が、1年、3カ月とだんだんと短くなった。

 改装やテナント入れ替えは、今でも施設運営の最重点の業務。加えて、重要になっているのが新規導入したテナントはもちろん、既存テナントも活性化する取り組みだ。テナント協業型のワークショップやポイントアップ企画は、その一例。館全体の集客力は、テナント個々の集客力の総和のはずだから。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop