【マサ佐藤の駆け込み寺】納期遅れを回避するには②

2017/11/03 12:00 更新


Medium %e4%bd%90%e8%97%a4%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

では、Dさん。前回、「納期遅れ」を出せないようにするには?、という話でしたね。で、そこで何を作成しようという話になったのでしょうか?


MDである私がMDスケジュールを作成してみては??という話でした。


その通りです。ではDさんの事業部における、「納期遅れ」の要因をもう一度、Dさんに語ってもらいましょうか。


へい。では、また箇条書き風に言います。


生産管理の人が工場のキャパシティーが空いていないと良く言っている

・海外買い付け商品は、納期が流動的で納期の誤差が大きい

・生地がなくなっていて、生地替えをした分納期が遅れている

・メーカー側の営業が適当で都合のいいことばかり言う

・そもそもの商品数が多く、デザイナー・パターナーが仕事が回らないと言っている

・発注に追われている感があり、中々決断できない。回りの意見を聞いている暇がない

・サンプルが揃っていないので発注できない


こんな感じです。


はい。では、Dさん少し考えてみてください。この「納期遅れ」の要因ですが、分類することはできませんかね??


(@_@)ブンルイ?? どうやって???


ハハハ(笑)、いきなりそんなこと言われても困りますよね。では、Dさんが箇条書き風で語ってくれた要因を、私なりに分析してみますと、Dさんの組織そのものの問題と、Dさんの組織ではコントロールできない問題とで分類してみてはどうでしょうか?


なるほど。私の上司が良く言う、内的要因と外的要因に分類するということですね!


その通りです。では、少しどちらに分類するか迷った項目もあるのですが、以下分類してみました。


(内的要因)

・生地がなくなっていて、生地替えをした分納期が遅れている

・そもそもの商品数が多く、デザイナー・パターナーが仕事が回らないと言っている

・発注に追われている感があり、中々決断できない。回りの意見を聞いている暇がない

・サンプルが揃っていないので発注できない

(外的要因)

・生産管理の人が工場のキャパシティーが空いていないと良く言っている

・海外買い付け商品は、納期が流動的で納期の誤差が大きい

・メーカー側の営業が適当で都合のいいことばかり言う


こんな感じでしょうか?


なるほど。凡そそれでよろしいのではないでしょうか。


では、Dさん内的要因と外的要因。解決・改善できる可能性があるのはどちらですか?


内的要因です!!


そうですね。では、内的要因の問題点を探ってみましょう。では、質問形式でDさんのヒアリングします。


へえ。


そもそも生地がなくなる要因って何ですか??


生地の発注タイミングが遅いということですか??


その通りです。場合によっては、サンプル作成の段階で生地をキープしておくことも御社の場合は必要でしょう。では次。商品数が多いのは何が原因ですか?


そもそも弊社では、商品・SKU型数等のMD設計がなく、都度都度デザイナー・パターナーに仕事を依頼するから、仕事が回らない。だからサンプルが上がるのが遅れ、発注に影響が出る。そして、私は発注に追われ発注の決断が鈍る。そして、更に納期遅れる。


Dさん。一気に問題点が抽出できたじゃないですか。ブラボー!


あ??ホントだ(笑)。ということは、そのシーズン・期にMDのディレクション等の商品面でのディレクション。それに伴うMDの数値面の設計をしておかねばならないということですね。


その通りです。そして、MDの数値面の設計をしておかねばならない!ということですから、そのことを実行するには何が必要ですか?


何が必要?(考え中)。あ?? 予算。事業部の売上・粗利の予算が必要です。


ブラーボー、その通りです。では、このことを踏まえ、予算作成から店頭への商品入荷までの流れは、Dさんの事業部はどのようになりますか?


そうですね~こんな感じですかね。


★事業部予算(売上・粗利)→MD設計(ディレクション・数値)→商品作成(企画→パターン→サンプル)→商品発注→商品店頭入荷。


そうですね。ただ、Dさんの事業部は海外買い付けのスケジュールが入りますから。MD設計のあと、海外買い付けのスケジュール入れないとだめですね(笑)。


ゲッ_| ̄|○そうだ、しかも海外買い付けは半年前くらいの発注です。


(笑)。そうなると半年以上前に、仮にでも事業部の予算は完成していないとだめですね。


そうですね~(´;ω;`)


では、今回の講義はここまでで。次回へ向けてDさんに調べてほしいことがあります。それは…


①商品作成(企画→パターン→サンプルアップ)の期間を担当者にヒアリング

②商品発注から店頭に商品が入荷するまでの期間。これを業界ではリードタイム言います。担当者からヒアリングしてきてください。


以上です。


へえ(''◇'')ゞ了解しました。次回よろしくお願いします。


では、皆さん次回をお楽しみに!




さとう・まさふみ 95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立ち上げをMDとして担当。10年よりフリーランスとして活動開始。シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。小売り企業へのMDアドバイスや専門学校での講義・また海外での講義等。現在、多方面で活躍中。www.msmd.jp

関連キーワードレポートプラス


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop