レスポートサックジャパン 日本からシナジー生む ローカル企画が世界で好循環

2024/04/03 07:59 更新有料会員限定


 ニューヨーク(NY)のバッグ「レスポートサック」の人気が再燃している。ジャパン社の24年8月期は上期の好調さから、過去最高売上高も射程に入る。ブランドを毀損(きそん)しないよう本国からアプルーバルを得ながらも、ローカル企画で付加価値を創出している。

【関連記事】「レスポートサック」 秋冬も好調継続、「誰でも使える」デザインに支持

日米共同で開発

 「ジャパン社の最大の強みは、日本独自の企画」と話すのは中井康滋営業統括本部本部長。コロナ禍以降、NYのクリエイティブチームと密に連携し、ジャパン社発信の商品やプロモーションを足元市場からアジアでも広げ、結果を出している。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ランキング形式のデータブック
プレゼントキャンペーン実施中!

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定2024年価値組宣言!



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事