【有力レディスショップに聞く】今秋冬の立ち上がり状況は?

2020/09/15 06:28 更新有料会員限定


Medium  %e6%9c%89%e5%8a%9b%e3%83%ac%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%ab%e8%81%9e%e3%81%8f %e4%bb%8a%e7%a7%8b%e5%86%ac%e3%81%ae%e7%ab%8b%e3%81%a1%e4%b8%8a%e3%81%8c%e3%82%8a%e7%8a%b6%e6%b3%81%e3%81%af

 繊研新聞では毎シーズン、発注からシーズンの終わりにかけ、有力レディスショップを対象に「トレンドチェック」を行っている。新型コロナウイルスが国内外で深刻化した今年4月には今秋冬の発注状況アンケートを実施、全体として買い付けに大きな影響は及ばなかったものの、納期遅れを懸念する声が挙がったほか、消費者の買い方やニーズへの変化に関心が集まった。秋冬物が少しずつ立ち上がってきた今、店頭の状況や今秋冬商戦の考え方を聞いた。

(関麻生衣)

【関連記事】有力店が選ぶデザイナーランキング 時間かけて育む姿勢がカギ

 今秋冬物の納品状況は、海外ブランドを中心に多少の遅れがあるものの、長引く残暑を背景にTシャツなど「即着」できるウェアや、サングラスやスポーツサンダルが売れている店もあり、販売ロスを軽減できている。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop