アート×音楽×シネマ(宇佐美浩子)

2021/04/21 06:00 更新


Medium 4%e4%b8%89%e6%b2%a2%e3%81%ae%e7%8a%ac

マルチタレントという表現は決して珍しくはないのだが、俳優としてグローバルなキャリアを積む一方で、異なる分野においても才能を開花していることを知る機会を得た人物がいる。

浅野忠信!

≫≫宇佐美浩子の過去のレポートはこちらから


ミュージシャンとしての顔を持つあたりまでは認識していた筆者だが、このほど画家という、もう一つの顔をアップデートするチャンスが訪れた。

その出会いとなったのが、「PARCO MUSEUM TOKYO(渋谷パルコ4F)」で4月25日まで開催中の「TADANOBU ASANO EXHIBITION “FREAK”」

2年ぶりの大型個展というだけあり、巨大なキャンバス画から、ドローイングやペインティング、コラージュ、そして水彩や油彩など、トータル250点ほどの大小さまざまな画風の作品やオブジェが、心地良いディスタンスを保ちつつ、ゲストを迎え入れてくれる。


そこには、スクリーンなどを通じ、勝手ながら抱いていた俳優、浅野忠信像とは異なる側面を垣間見る空間が広がっていた。

壁紙風にレイアウトされたラブリーな植物がモチーフのシリーズ、そしてどことなく作家の表情と重なるような(?)愛らしいビッグスケールな猫たち…こうした作品との遭遇に、心が和む。

加えて、お絵描きが好きだった男の子が、やがて俳優となり、そして絵心は健在であり続けること。

それはまたお絵描き好きだった同類たちに、再び何かを始めるきっかけとなるような…


俳優、浅野忠信の個展にちなみ「アート×音楽×シネマ」をテーマに旅する4月後半の「CINEMATIC JOURNEY」。次に向かう先は、いずれも館内移動にて到着するという至近距離が魅力な話題。

©Daido Moriyama Photo Foundation

猫の次は犬?

という訳ではなく、こちらの作品は、昨夏8月25日の「CINEMATIC JOURNEY」にて、「オトコの瞳に宿る思い」でご紹介したドキュメンタリー作品『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道』の主人公、森山大道の作品「三沢の犬」

いよいよ4月30日より新宿武蔵野館、そして渋谷PARCO8階にある渋谷ホワイトシネクイントほかにて全国順次公開となる。

そして時を同じくして、同フロアにあるギャラリースペース「ほぼ日曜日」で、展覧会「はじめての森山大道。」が5月30日まで開催予定だ。 

❝写真家・森山大道のことをぜんぜん知らなかった人にこそ見にきてほしい展覧会❞

として企画された本展は、キャリア60年に及ぶ現役で活躍中、かつまた御年82歳という稀有な存在の魅力を全方位的視点から知り得えそうな予感!

幅広いジャンルの厳選した写真作品や写真集、愛用のカメラ、過去の著作やインタビューから「ぜひ紹介したいという巨匠の言葉」。

またスナップショットとスニーカーに共通する「歩き続ける」というテーマから始動したというフラワーマウンテンとのコラボレーションによるスニーカーほか、バラエティーに富んだマッチングの妙なども楽しめる濃厚な展示内容に期待度もアップしそう。

©Daido Moriyama Photo Foundation

「アート×音楽×シネマ」をテーマに巡った今回の「CINEMATIC JOURNEY」。フィナーレも華やかに!

ということで、既に訪れた方も多々おいでに違いないと思われる5月16日まで開催中の展覧会『LOUIS VUITTON &』

❝「LOUIS VUITTON &」は、ルイ ・ ヴィトンと先見性に富んだ日本のアーティストのクリエイティブな交流を振り返るエキシビションです❞

というコピーからも推測されるであろう、時には「初耳」学的内容にも出くわす本展。それは今回登場する各話題の根底にもある「交流」、そして「コラボレーション」というキーワードにも通じる。

中でも「日本」との親和性の高さが心に響いた二つの部屋で、目にしたのは…

☑1921年当時、皇太子であった昭和天皇パリ訪問を記念してデザインされたルイ ・ ヴィトン シャンゼリゼ店ファサードのイメージは「日出ずる国」。

ⒸLOUIS VUITTON / DAICI ANO

☑2017年5 月、MIHO MUSEUMにて「18クルーズ ・ コレクション」を開催するにあたり、 日本文化に敬意を表し、日本のアート界とファッション界のレジェンドである山本寛斎を讃えるモチーフを採用。

そして私同様、音楽ラバーには「キュン」とくる1体(左から2番目)がゴール近くで待ち受ける!

それは、デヴィッド・ボウイのステージ衣装として1973年に制作されたジャンプスーツ「トーキョーポップ(KABUKI)」。歌舞伎の「引抜き」を応用した仕掛けが施されているのだとか。

瞬時に、イメージトリップへと誘われそうな!?

ⒸLOUIS VUITTON / DAICI ANO

≫≫宇佐美浩子の過去のレポートはこちらから

うさみ・ひろこ 東京人。音楽、アート、ファッション好きな少女がやがてFMラジオ(J-wave等)番組制作で長年の経験を積む。同時に有名メゾンのイベント、雑誌、書籍、キャセイパシフィック航空web「香港スタイル」での連載等を経て、「Tokyo Perspective」(英中語)他でライフスタイル系編集執筆を中心に活動中

関連キーワードレポートプラス


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

Btn gotop