フレームワークス、19年春夏から新レディスブランド

2018/12/26 06:29 更新


Medium %e3%83%a6%e3%83%bc %e3%83%90%e3%82%a4 %e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%83%e3%82%af %e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%b3

 ベイクルーズグループのフレームワークスは19年春夏に新レディスブランド「ユー・バイ・スピック&スパン」を立ち上げる。価格は1万円前後に抑えて、既存の「スピック&スパン」よりも若い20代後半~30代前半の女性をターゲットにする。3月上旬には都内に単独店をオープンする予定だ。

(森口萌美)

 これまでヤングレディスブランドで買い物していた女性が、少し大人っぽいテイストの服を着たいと思い始めたタイミングを狙う。将来的には、既存業態の商品も手に取って欲しいと考えている。

 ピンクのスウェットパーカ、小花柄のワンピースなど、カジュアルとフェミニンをミックスしたテイストの商品を提案する。ドットのジャケットなど、キャッチーな商品も入れ、手頃な価格でトレンドを取り入れたい大人客にも買ってもらいたいという。細身の人でもお直しせずに着られるように、XS~Mサイズを企画する。ジャケット1万円、デニムパンツ8500円。

 基本はオリジナルで、セレクトの商品も一部販売する。単独店のほか、一部のスピック&スパンの店舗やオンラインストアでも販売する予定だ。

20代後半~30代前半の女性を対象に価格を抑えた

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop