《FB用語解説》経糸共通 織り組織や緯糸の変化で様々な生地

2018/11/06 06:22 更新


Medium %e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%a0
大量の経糸が巻かれたビーム

 織機にかかっている一つの経糸を使い、緯糸の種類や織り組織を変化させ、様々な織物を作る手法。織物は経糸と緯糸を組み合わせて作るが、織機に経糸をセッティングする際には、のり付けや経糸をビームという金属管に巻くなど様々な工程がある。

 経糸をビームに巻く際には使用する糸の種類によって異なるが一度に数百メートルもの大量の糸を巻く。このため一つの品種を効率良く生産できる。

 最近は多品種少量生産の要求も多く、そのための手法の一つとして使われ、同じビームでチェックとストライプなど複数の織物を作ることも可能。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop