《オンデマンドが変える~デジタルプリントが拓く未来》ほしい商品、ほしい数だけ生産 プリントTシャツ、誰もが売り手になる

2022/05/16 06:30 更新有料会員限定


Medium %e9%80%a3%e8%bc%89%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

 インクジェット技術を使ったデジタルプリントがアパレルのビジネスモデル変革を後押ししている。先行するのがプリントTシャツだ。「必要な商品を必要な数だけ生産する」オンデマンドの仕組みが構築され、消費者の変化も相まって各社の事業は右肩上がりを続けている。テキスタイルプリントでもデジタルへの置き換わりが進んでおり、本格的なアパレル製品でもオンデマンド生産が広がるか注目される。

(中村恵生)

【関連記事】コーニット・デジタルが国際イベント デジタルプリントオンデマンドの可能性探る

1億総クリエイター

 スマートフォンやSNSの普及によって誰もが情報発信できるようになり、〝1億総メディア時代〟と言われるようになった。アパレル業界では、誰もが服をデザインし、誰もが販売できる――そんな〝1億総クリエイター時代〟が近づいているのかもしれない。そう予感させるのは、最近のプリントTシャツ市場の変化からだ。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop