23年の衣類輸入、再び100万トン割れ 中国とバングラデシュが減少

2024/02/13 17:30 更新有料会員限定


 日本繊維輸入組合が財務省貿易統計を基にまとめた衣類輸入状況(速報値)によると、23年(1~12月)の輸入量は前年比3.9%減の96万3636トンだった。前年は19年以来の100万トン超となったが、23年は中国からの輸入が減った上に、ベトナムからの輸入は伸びているものの低調に推移し、バングラデシュは減少基調が続いた。アパレル企業が依然として発注量を絞る傾向が続き、それが結果に表れたと考えられる。

(小堀真嗣)

※以下、23年1~12月の衣類輸入量・金額を表で掲載しています。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

申し込み当月購読料
無料キャンペーン実施中

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定ピックアップニュース



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事